▼ページの下に▼

くびれたウエスト・クロスジスズバチ

2005年10月30日

クロスジスズバチ
写真ではわかりませんが、非常に細いウエストを持つハチです。
一番細いところは触角と同じくらいの太さ。どうやって食料が腹までいくのか不思議なくらいです。
幼虫時代には肉食で、成虫になってからは蜜で生きていけるなら特に苦はないのかもしれませんが。

スズバチのスズは鈴。飛ぶ音が鈴の音のようにきれいだから…ではありません。
巣の形状が鈴のような形になるところから名付けられています。
クロスジは羽根の黒い筋からでしょうか。

そろそろ成虫の活動も終わるシーズン。沖縄の秋がやってきます。
posted by ナマモノ at 10:43 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>ハチ目
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。