▼ページの下に▼

内なる敵/シロオビアゲハ幼虫と寄生蜂

2005年11月25日

アゲハチョウ科 Papilio polytes polycles
シロオビアゲハ幼虫と寄生蜂
終令幼虫まで育つと鳥の糞というには大きすぎるのか、アゲハの幼虫は緑色のおなじみの姿になる。
こうなると鳥の目を逃れるために葉の表面より目立ちにくいところにいくことが多くなる。
うまく鳥から逃れたかと思うと新しい敵がやってきた。

アオムシコバチだろうか。

このような寄生蜂はまるまるでっぷりとした蝶や蛾の幼虫に卵を産み付け、蛹になる直前や蛹になった頃にそれを破って次世代の蜂が飛びだしてくる。
蝶の飼育をしている人からすればかわいい我が子(?)の羽化を楽しみにしているところにやってくる悪魔の様な存在だろう。
彼等寄生蜂は、植物が囓られたときに出すSOS物質の臭いに惹き付けられると言う。
植物もただ囓られるだけでなく、どうにかして身を守ろうと必死なのである。
posted by ナマモノ at 13:55 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>チョウ目

枯葉?虫食い?鳥の糞?/スカシエダシャク

シャクガ科 Krananda semihyalina Moore
スカシエダシャク
食べ物じゃないものに化ければ狙われ憎くなる。
なら、鳥の食べない枯葉や虫食いあとや鳥の糞に化けようとでも言うのだろうか。
スカシエダシャクは「透かし枝尺」であり、その名の通り羽根に透けた部分がある。
透けた部分があるから透かしなんだけど。
成虫だけでなく幼虫も木の枝に擬態している。いわゆるシャクトリムシ。別名ドビンワリ。
生き残るためには外見にも気を配らなければならないのである。
posted by ナマモノ at 01:44 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>チョウ目
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。