▼ページの下に▼

石垣?石崖?/イシガケチョウ

2006年01月26日

タテハチョウ科 Cyrestis thyodamas
0114d03.jpg
一般に蝶は羽をたたんでとまり、蛾は羽を開いてとまるといわれたりします。
白地に網目と黄金色の縁取りが美しいイシガケチョウは羽を開いてとまることが多いですが、蝶の仲間。
イシガケチョウに限らずタテハチョウの仲間はそんなとまり方をする。
時々羽を上下に動かす様はなんとなくコミカル。

幼虫時代のあの角は何処へ行ってしまうのでしょうね。
posted by ナマモノ at 03:47 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>チョウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12285078
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。