▼ページの下に▼

モノクローム/ハイイロテントウ

2006年04月28日

テントウムシ科 Olla v-nigrum
ハイイロテントウ
今日はモノクロ写真。ごめんなさい、うそです。
囚われのLady Beetle、正体はハイイロテントウ。
国内では南西諸島が分布域でしょうか。ギンネムと共に持ち込まれたと見られる移入種です。

普通、テントウムシというと赤と黒のカラーリングを想像しますね。
キイロテントウという黄色(レモンイエロー?)なテントウムシも居ますが、赤〜オレンジ〜黄色と考えればそれほどかけ離れているわけでもなさそうです。
黒点が白くなる種や単色となる種も居ますが、モノクロなのは本種だけ。
かといって他のテントウムシと同じように「不味い」液を出します。
もしかすると人間に見えない波長域で同じカラーリングなのかも知れませんね。
posted by ナマモノ at 22:59 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 昆虫綱>コウチュウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17169555

シロクロ ハッキリさせない
Excerpt: というか,お仲間たちは赤黒ハッキリさせているのに…,というお話です。 この虫はハイイロテントウ。移入の経緯や色彩の不思議については「オキナワナマモノ」のページ
Weblog: SeaStar's Photolog
Tracked: 2006-05-11 13:36
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。