▼ページの下に▼

立派な髭は漢のたしなみ/オキナワシロスジコガネ

2006年04月29日

コガネムシ科 Plyphylla schoenfeldti Brenske
オキナワシロスジコガネ
シロスジコガネに近縁で沖縄などに居るからオキナワシロスジコガネ。
わかりやすい。

本種の特徴は上翅の白い筋とオスの触角。
写真の前肢と交差している部分がそれ。
折りたたまれているので目立たないが、広げるとオイルヒーターのやラジエターのフィンのような形状になる。
これはメスのフェロモンを効率よく捉えるためと思われる。
ガなどもオスの触角が目立って発達しているのは同じ理由だろう。

撮影当日は気温が低かったためか動きが鈍く、じっくりと撮らせていただいた。
こうしてみると、結構毛深い。
SeaStar's Photolog: オキナワシロスジコガネによると朝方見かける個体は動けなくなることが多いようなので、夜で体力を使い切ったのかもしれません。
posted by ナマモノ at 03:31 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>コウチュウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17169711
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。