▼ページの下に▼

きわどいシーンにバッタり/オキナワモリバッタ

2006年09月13日

イナゴ科 Traulia ornata okinawaensis
0608xx071.jpg
奄美諸島以南に生息するバッタの一種。
羽が小さく飛翔力がないため島ごとの変異が大きくなり、それぞれに特徴的な美しさがある。
この写真では見えないが、沖縄島亜種は後肢の足首が鮮やかに赤い。

バッタの仲間も雌が雄に比べて大きい。写真右側がメスだろう。
雌雄のペアでお尻をくっつけているということはあれだ、子孫繁栄の儀。
平たくいえば交尾中。

先に飛翔力に乏しいと書いたが、代わりに跳躍力はたいしたもの。
次の瞬間には二匹とも視界から消え去っていました。
結合したまま一匹の跳躍力とすればすごいものです。
posted by ナマモノ at 08:31 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>バッタ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。