▼ページの下に▼

蝶のように舞い蝉のように刺す/フタホシハゴロモ

2006年11月01日

ハゴロモ科 Ricania binotata
フタホシハゴロモ背
一見すると蝶(あるいは蛾?)に見えるが、ハゴロモというセミやカメムシに近い種。
よく見ると羽根は広いけど蝶などとは付き方が違う。
顔をよく見るとセミににていることがわかるだろう。
ほかにも集団で草に止まっているところをみると蝶よりセミやカメムシの生活習慣に近いのがわかる。

フタホシハゴロモ腹
腹側からみるとセミ。あるいはヨコバイとそっくりである。

特に害虫というわけではないが、大量の虫にふれるとかぶれることがあるらしいので注意を。
posted by ナマモノ at 13:41 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 昆虫綱>カメムシ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26571622

星ふたつ です!!
Excerpt: こちらは「モドキ」ではなくて,真のハゴロモ科。でも,「羽衣」のイメージには,ちょっと遠いかも知れません。 この虫は,フタホシハゴロモ。背景のタイル目地に比べる
Weblog: SeaStar's Photolog
Tracked: 2007-08-10 01:57
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。