▼ページの下に▼

オキナワテングスケバ

2005年10月03日

テングスケバ
鼻高々でエッチなんだけど完全な変態じゃないよ。それはテングスケベ。
天狗の様に鼻が長くて羽根が透けているからテングスケバ。
あの位置は鼻ではないけど。
そもそも昆虫には人間で言う鼻に直接該当する器官はない。
嗅覚は触角で感じているし、呼吸は腹部の気門を通して行っている。

テングスケバを含むハゴロモの仲間はセミと比較的近い仲間である。
天狗の鼻を折ってみるとだいぶセミに近い形に見えないだろうか。
とはいっても隊長は10-12mm程度でセミのように大音響で鳴いたりしないのだが。

なんとなく模様がイラブチャーしているのは夜間に白色LEDで照らしているからです。
posted by ナマモノ at 20:17 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>カメムシ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7645983
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。