▼ページの下に▼

膨らむのはオトナになったから・ヒラタミミズク

2005年10月14日

ヒラタミミズク成虫
ふつう、ミミズクって聞いたら鳥だと思うよね。でも今日のは鳥じゃなく虫なんだ。
そのなもヒラタミミズク。平たいミミズクって意味なんだよ。平田さんは関係ないんだ。
ナナフシが枝に化ける天才ならこのヒラタミミズクは葉に化ける天才だね。
左側が頭で、よく見ると眼があるのがわかるかな。どうしても化けることの難しい眼を小さくしてからだの縁に付けることで目立たなくしてるんだね。
ちょっと葉が密集しているとキレイにとけ込んで目立たなくなるんだよ。
え? そんなに平たくないし化けるのも上手じゃないって?
それはこのヒラタミミズクが大人になって羽根が生えてしまったからなんだ。
若い頃はもっと薄くて1-2mmしかないんだって。
人間のおとなはおなかが出てくるけどヒラタミミズクは背中が出て来るんだね。

ちょっとだけ羽根を開いている画像がSeaStar's Photolog様の鳥じゃない けど 鳥の名前でみられるよ。
posted by ナマモノ at 14:25 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>カメムシ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8126294
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。