▼ページの下に▼

小さくたって一人前・チビアシナガバチ

2005年10月19日

チビアシナガバチ
体長10mm前後。
コ○ンではないが、小さくたって一人前のアシナガバチである。ちゃんと針を持っていてチョウなどの幼虫を狩っている。
国内では沖縄・宮古・八重山諸島に分布。

女王蜂を中心とした社会性を持ったハチだが、国内に分布する他の種類と違い一つの巣に複数の女王が存在することも珍しくない。
暖かい地域で餌が豊富にあり、体が小さいので取り合いが少ない。そんな背景が影響しているのだろうか。
posted by ナマモノ at 19:19 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>ハチ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8414983
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。