▼ページの下に▼

生まれたところや皮膚や目の色で・キボシカミキリ

2005年10月25日

キボシカミキリ
かつてはオキナワキボシカミキリとして別種扱いされていたが、現在ではキボシカミキリの一亜種となっている。
外見の変異が激しく国内だけで十亜種、そのうち七亜種が琉球・大東列島の固有亜種らしい。

タイトルはザ・ブルーハーツの「青空」から。
地域変異の激しい本種のような生物の場合、皮膚や目の色で出身地を当てることができる。
しかしそれでわかるのはやっぱり対した情報じゃない。
種のことはわかっても個体が過ごしてきた人生はわからないじゃないか。
posted by ナマモノ at 12:55 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>コウチュウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8572651
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。