▼ページの下に▼

国内最大のシロチョウ・ツマベニチョウ

2005年10月26日

ツマベニチョウ
シロチョウの仲間では国内最大種。最近最大種での記事が多いが気にしない。
アゲハチョウと同じくらいの大きさがあるが系統的にはモンシロチョウに近いらしい。
九州南端から南西諸島・熱帯アジア一帯に分布。

翅端の色で雌雄を見分けることができる。
雄は鮮やかな紅色、雌は若干色あせ黄色がかる。
写真の個体は雄。角度の影響で黄色く写っているが肉眼で見ると紅色でした。

大きな体ながら活発に飛び回るためなかなか撮影が難しい。
このあたりおなじ大型種でありながら毒蝶のオオゴマダラと無毒の本種で習性のちがいが出ている。
posted by ナマモノ at 20:52 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>チョウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。