▼ページの下に▼

高速機動幼虫・オキナワマドボタル

2005年11月01日

オキナワマドボタル幼虫
ムカデやヤスデのの様にも見えますがれっきとした昆虫。
オキナワマドボタル(別名オキナワオバボタル)の幼虫です。
蜂や蝶など完全変態する幼虫はあまり足が長くなく動きが緩慢なことが多いのですが、
沖縄に多い陸棲ホタルや肉食性のテントウムシなど肉食
かつ自分で餌を捕食するタイプの幼虫はこのように機敏な体をしていることが多いです。
本種は陸貝(いわゆるカタツムリ)を餌にして育ち、成虫になるとほとんど食餌を摂らず生殖に特化した生活を送ります。
幼虫時代から光りながら地面を歩くのでヘイケボタル・ゲンジボタルをイメージしていると違和感を感じるかもしれません。
沖縄島・久米島(別亜種)に分布。
posted by ナマモノ at 15:18 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | 昆虫綱>コウチュウ目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8844634

日本ホタルの会
Excerpt: 先日、「日本ホタルの会」の臨時役員会が開かれた。ホームページを通じて広報宣伝活動するIT委員として出席した。内容の詳細は話せないが、今後の「日本ホタルの会」のあり方、理念、会員の方々へのサービスを見直..
Weblog: 東京にそだつホタル/Weblog版
Tracked: 2005-11-07 09:40

高速機動幼虫2/ダンダラテントウ幼虫
Excerpt: テントウムシ科 Menochilus sexmaculatus 高速機動幼虫・オキナワマドボタルと同じく、完全変態の肉食幼虫。 見ての通り六本の脚が見事に長い。 タイワンヒゲナガアブラムシなどを捕食..
Weblog: オキナワノナマモノ
Tracked: 2005-11-15 13:33
▲ページの上に▲
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。