▼ページの下に▼

臆病なひょうきん者・オキナワキノボリトカゲ

2005年11月02日

アガマ科キノボリトカゲ属リュウキュウキノボリトカゲ沖縄亜種
オキナワキノボリトカゲ
日本で唯一のアガマ科トカゲ。この仲間にはあのエリマキトカゲがいます。
非常に臆病な性格で、木の幹にしがみついているときに人が通りかかるとさっと裏側にまわっていきます。
臆病すぎて反対側でびっくりするとそのまま一回転してくることも…

写真は比較的若い個体。からだが褐色ですが、雄だとすると成熟すると鮮やかな緑色になります。
カメレオンほどではありませんが周りにあわせて若干体色を変えることもできます。

生息地の開発やペット用としての乱獲で天然の個体数が激減中。レッドデータブックに載ってしまいました。
posted by ナマモノ at 00:00 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 爬虫綱>有鱗目
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8955497
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。