▼ページの下に▼

きわどいシーンにバッタり/オキナワモリバッタ

2006年09月13日

イナゴ科 Traulia ornata okinawaensis
0608xx071.jpg
奄美諸島以南に生息するバッタの一種。
羽が小さく飛翔力がないため島ごとの変異が大きくなり、それぞれに特徴的な美しさがある。
この写真では見えないが、沖縄島亜種は後肢の足首が鮮やかに赤い。

バッタの仲間も雌が雄に比べて大きい。写真右側がメスだろう。
雌雄のペアでお尻をくっつけているということはあれだ、子孫繁栄の儀。
平たくいえば交尾中。

先に飛翔力に乏しいと書いたが、代わりに跳躍力はたいしたもの。
次の瞬間には二匹とも視界から消え去っていました。
結合したまま一匹の跳躍力とすればすごいものです。
posted by ナマモノ at 08:31 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>バッタ目

巨大バッタはキックの鬼・タイワンツチイナゴ

2005年10月21日

タイワンツチイナゴ
日本で一番大きなバッタといえば何を思い浮かべるだろうか。名前が立派なトノサマバッタ? いかついデザインのクルマバッタ? この二種は共に65mm前後まで成長する。
意外なところでショウリョウバッタ? スマートながら75mmと長さは負けていない。

それらを軽く凌駕するのが本種タイワンツチイナゴ、別名セスジツチイナゴである。
その最大長は85mmに達し、トノサマバッタをそのまま大きくしたようなボリュームもそなえている。
国内での分布は琉球列島のみ。面積にすると小さい島々だが虫は大きい。

タイトルにしたキックの鬼だが、この巨体で跳躍するため後脚が非常に強い。
バッタを捕まえた人ならその跳躍するときの脚力を知っているだろう。そしてこの体格からどれほどの威力を持っているかわかってもらえると思う。
そしてそのライダーキックをさらに凶悪にするのが臑(?)に生えている棘。
その棘が爪と肉とのあいだに蹴り込まれるところを想像してほしい。
posted by ナマモノ at 12:49 | 沖縄 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 昆虫綱>バッタ目

ダウジング・セスジツユムシ

2005年10月17日

セスジツユムシ
からだよりも長い触角を使って周囲を探索するセスジツユムシです。
薄暗い中で活動するために視覚を発達させるのも一つの手段ですが、草むらなど障害物が多いところではあまりメリットがありません。
そこで触角を伸ばすことで周囲の様子を探ろうというのでしょう。
昆虫類の触角は触覚のほかに嗅覚も兼ね備えているのでより的確に周りの状況を確認できると思われます。
が、視覚を発達させていないこともあって素早い動きには無理があるようで、バッタの仲間の割りに跳躍や飛行はそれほど得意でないようです。
離れた場所の状況を把握するには視覚は重要なのでしょう。
同じ様な理由で光の少ない洞窟にはカエルがいないという話も聞きました。
posted by ナマモノ at 23:59 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>バッタ目

鳴く虫の中で国内最大級・タイワンクツワムシ

2005年10月15日

タイワンクツワムシ
秋と言えばスズムシ・クツワムシなど、鳴く虫の季節。沖縄でも彼等のシーズンがやってきました。
我が家の濡れ縁に陣取っているこの方、クツワムシに似ていますが羽根が長いです。
羽根が長いのでハネナガクツワムシ。別名タイワンクツワムシといいます。
緑色型と褐色型がいて、こっちは褐色型。 見ればわかりますね。

沖縄にはタイワン―とつく動植物が結構あります。日本復帰するより前に台湾で発見された種が多いのでしょうか。
台湾のことを小琉球と呼ぶこともあるのでリュウキュウ―と命名してくれてもよかったのではないかと勝手に思っています。

さて、クツワムシ(30-35mm)をご存じの方はなんでそれが最大級なの? と思われるかもしれません。
タイワンクツワムシはなんと最大75mmに達するほど大きいのです。
この大きさは夏にうるさいクマゼミ・アブラセミをしのぐほど。
同じバッタ目のトノサマバッタより大きいと言えばより実感がわくだろうか。

立派な羽根を持っているが、他のバッタ目と同じく飛ぶことはあまり得意でなく何とか墜落しないといった程度。
跳ぶこともあまり得意でないため結構簡単に捕まります。
posted by ナマモノ at 19:22 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 昆虫綱>バッタ目
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。