▼ページの下に▼

種がなくても大繁殖/ムラサキカタバミ

2005年12月22日

カタバミ科 Oxalis corymbosa
ムラサキカタバミ
冬の寒空の下、鮮やかな赤紫の花を見つけた。
ムラサキカタバミである。
可憐な花はどこか儚さを感じさせる。が、なかなかどうして、繁殖力の強い植物だ。
休耕中のサトウキビ畑や道端。ちょっと油断すると庭の隅に生えていたりする。
だから庭の手入れをしろというのに。自分に言い聞かせておこう。
これだけの繁殖力を見せるにも関わらず本種は種子を作らない。
いわゆる栄養生殖で増えているということになる。
日本には大正時代に移入されたと言うことだが、栄養生殖だけで増えたなら
日本にある個体は全てクローンになるのだろうか。

ご幼少の頃、いわゆる昭和の話だが、この花を食べるのが流行っていた気がする。
今風に言うならエディブルフラワーである。
「犬のおしっこがかかっているからやめなさい」と母に言われそれ以来食べていない。
本当にかかっていたかどうかは知らないが食欲を無くすには十分な効果があったことだけは間違いない。
posted by ナマモノ at 14:39 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 双子葉植物綱>フウロソウ目
▲ページの上に▲

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。